墓地を所有

生前に墓地を所有している方が良いのか?どんなメリットがあるのか? - 生前に墓地を所有する事は大切な事

生前に墓地を所有する事は大切な事

霊園で新しく墓地を取得する場合には、生前申し込みというシステムがある霊園もあります。
自分の墓地は自分で用意したいと言う気持ちから、生前に自分で気に入った墓地を用意するシステムです。
その場合には、どのような条件があるのでしょうか。
生前に気に入った霊園に自分の墓地を用意する事が出来れば、後は安心して余生を過ごす事が出来ると思います。
近年ではこうしたシステムを利用して生前申し込みをする方が増えてきているそうです。

霊園によっては現在守っている遺骨が無くても墓地を所有する事が出来る所もありますが、大抵の場合は、現在守っている遺骨が少なくとも1体はある事が条件である事が多いようです。
また、その遺骨との関係が親族である事等も拘っている霊園もあります。
親族以外の遺骨ではなかなか審査が通らない場合もありますので、この点には注意が必要になります。
生前に墓地を所有する事は、自分の亡き後に家族の負担を減らす事が出来る他、墓地があれば、その後の家族も心配する事無く、長く使用する事が出来るので、どちらかと言うと生前に準備しておく方が良いと言われています。
長い人生の中で、マイホームを取得したいと思う方も多くいらっしゃいますが、それと同時に墓地を所有する事も視野に入れておく事が大切な事になります。
将来自分が入る場所ですから、良く条件等を確認し、気に入った霊園で墓地を所有するようにすると、後々後悔する事無く過ごせると思います。
zftgrs
霊園などにお墓を持っている方は意外と多く居る事と思います。
折角自分が気に入っている霊園に墓地を所有する事が出来ても、承継者を誰にするか、また、誰が承継したら良いのか分からない事もあると思います。
霊園などのお墓は誰が承継するのが良いのでしょうか。
これまでの日本では、よほどの事が無い限り、その家の長男や長女が暗黙の了解のようにお墓や仏壇等を引き継いできたと思います。
ですが、近年ではライフスタイルの変化等の影響で、長男や長女が引き継がないケースも多く見られるようになってきています。
一番の大きな原因は、お墓のある場所と承継者の住まいが遠く離れている事等が挙げられます。
こうした場合には誰が承継するのかを兄弟姉妹でしっかりと話し合いをする必要が出てきます。
どうしても親族の間で話し合いがまとまらない時や、トラブルになってしまった場合には、遺言書があれば、その遺言書に従うのが基本となります。
ztytuyi
また、遺言書が無い場合には、家庭裁判所の判断を求めるのも良いでしょう。
調停や審判を申し立てれば、法的にも認められる承継者が決められる事でしょう。
遺言書は、故人の意思が記載されている物です。
その遺言書があれば、その通りに従うのがベストであり、法的にも認められる事から安心して承継者を選出する事が出来ると思います。
相続人同士で話し合いがまとまらない場合には以上のような選択肢がある事を頭の隅に入れておくと良いと思います。

新着情報

◆2015/03/25
生前に墓地を所有する事は大切な事の情報を更新しました。
◆2015/03/25
企業概要の情報を更新しました。
◆2015/03/25
都心でも樹木葬を取り入れ始めているの情報を更新しました。
◆2015/03/25
現代の墓石はいろいろなものがあるの情報を更新しました。
◆2015/03/25
納骨後の会食のマナーと引き物についての情報を更新しました。